【男性向け】顔のテカリを抑える7つの方法!おでこや鼻の皮脂にもう悩まない

なほ

最近、弟が顔のテカリに悩んでいて……。抑える方法ってありますか?

ぼくも今ではコントロールできるようになりましたが、顔のテカリには20代後半からすごく悩んでいました。

おでこや鼻をさわって指についた脂を見ては、

「ハァっ…またテカってきてる……」

そんな風にため息をついていたことを覚えています。

顔のテカリはなんとなく清潔感がないですし、皮脂を放置することで匂いにもつながってしまうのでいち早く改善すべきです。

みすたー

そこでこの記事では♪

  1. ただしい生理学
  2. 信頼できるデータ(エビデンス)
  3. 実際にぼくがためしてきた経験

この3つをもとに、テカリの「防止策」や「原因」について徹底解説しました。

記事を読んで実行すれば、確実にテカリをコントロールできるようになります。

ぜひチェックして、清潔感のある『さらさら肌』へ近づきましょう♪

この記事を書いた人

この記事の執筆者情報
もくじ

【男性版】顔のテカリを抑える7つの方法

男性の顔のテカリを抑える「とくに有効な方法」を7つピックアップしました。

男性の7つのテカリ防止策
  1. ビタミンB群の摂取
  2. ただしい洗顔で皮脂を落とす
  3. 保湿によるスキンケアをする
  4. ストレスはこまめに発散しよう
  5. 「睡眠不足・食べすぎ・吸いすぎ」の解消
  6. 出すぎた皮脂は適度にオフする
  7. 最強アイテム「パウダー」をつかう

1つずつくわしく見ていきましょう。

1.ビタミンB群をしっかり摂取する

ビタミンB₂・B₆

まずは1番かんたんなものとして、「ビタミンB₂」と「ビタミンB₆」を摂取しましょう。

この2つのビタミンは脂質を分解するので、皮脂の過剰な分泌を防いでくれます

逆に、不足することで皮脂が出すぎる原因になるんですね。

みすたー

皮膚科で相談しても、この2つのビタミン剤をもらうことは多いよ。

男性は栄養バランスが崩れがちですし、積極的に摂取を心がけたいですね♪

ちなみに、どちらも水溶性ビタミンなので取りすぎても基本的に「尿」や「汗」で出ていきます。

以下に、身近で「ビタミンB₂」と「ビタミンB₆」を摂りやすい食品をまとめました。

【ビタミンB₂ 】

  • 牛乳
  • 納豆
  • レバー

【ビタミンB₆】

  • にんにく
  • バナナ
  • かつお
  • レバー

「レバニラ」とか「かつおのタタキ」、「バナナのスムージー」や「セブンで売ってるにんにくの醤油づけ」なんかいいかもです。

なほ

レバーが食べられるなら「レバニラ」が最強かもですね。

どちらかといえば、「ビタミンB₆」の方が取りづらいですね。

食事での摂取が難しければ、ビタミン剤などのサプリで補うのも有りかと思います。

もちろんバランスも大切なので、偏りすぎないようには気をつけましょう♪

皮脂を分解する「ビタミンB₂」と「ビタミンB₆」を摂ろう♪

2.ただしい洗顔でよごれた皮脂を落とす

正しい洗顔

「ただしい洗顔」でよごれた皮脂を落とすことは大切です。

古い皮脂が残ったままだと、やはり顔のテカり臭いの原因となってしまいます。

なほ

ちゃんと洗顔はしてるようですが…

みすたー

でも、自己流でまちがった洗顔をしている男性は多いんだ。

たとえば「冷たい水で洗顔する人」。

顔の皮脂が溶けはじめる温度は約30℃なので、水では古い皮脂を十分落とせません。

この洗顔温度とよごれの関係は、「ディセンシア(ポーラ・オルビスグループ)」の実験でも明らかになっています。

ディセンシアによる洗顔温度の研究データ
「冬の肌と洗顔に関する調査- ディセンシア」より引用

右の画像を見ると、25℃ではよごれの落ち具合が悪いことがわかりますよね。

みすたー

あとは、洗顔料を使わない人も要注意だよ。

花王の研究によれば、「洗顔料を使うかで肌に残る皮脂が3割ほど違う」というデータも出ています。

男性はただでさえ皮脂量が多いので、基本的には洗顔料が必要でしょう。

洗顔料をつかって「32℃」くらいのぬるま湯で洗おう!

洗顔は重要ポイントが多いので、以下の記事もチェックしてみてください♪

【肌悩みを防ぐ】メンズの洗顔選びガイド

32℃のぬるま湯洗顔のコツ

男性の1日の洗顔は「2回」がベスト?

3.保湿によるスキンケアをする

化粧水や乳液による保湿

3つ目は保湿ケアです。

実は、肌の乾燥もテカリの原因になります。

肌は水分量がすくなくなると、それを補おうと皮脂をどんどん分泌するんですね。

インナードライの解説図
インナードライのイメージ図

メンズの場合、皮脂は多いですが水分量は「女性の約1/3」しかありません。

最低でも化粧水による保湿ケアは、男性でも必要になります。

なほ

テカるから、化粧水なんかは使っちゃだめかと思ってました。

みすたー

ただし、油分の多すぎるベタベタしたものは逆効果になるから気をつけようね。

べたつかないメンズ化粧水や、化粧水のくわしい使い方については別記事でくわしく解説しています。

保湿は、テカリだけでなく「さまざまな肌トラブルをふせぐ大切なケア」なのでぜひ実践してくださいね。

乾燥も皮脂が出すぎる原因。化粧水による保湿ケアはかならずしよう♪

4.ストレスはこまめに発散しよう

ストレス解消

「ストレス」も顔のテカリの大きな原因です。

ストレスを感じると、「副腎皮質(ふくじんひしつ)ホルモン」の影響で皮脂がたくさん分泌されます。

みすたー

この過程はもっと複雑なんだけど、むずかしいから省略してるよ。

「東京芸術大学」の坂木佳寿美さんが行った研究では、以下のような結果も出ています。

  1. 男女各3名ずつの学生を対象
  2. 期末テストの前後で皮脂の量を測定
  3. 女子は「1.3倍」増加
  4. 男子は「2.5倍」増加

また資生堂「専科」がおこなった実験でも、30〜40代の女性16名の皮脂量が約1.7倍に増えました。

データを見ても、ストレスによる顔のテカリの影響はあると言えそうです。

みすたー

たしかに、ぼくも仕事が煮詰まるとテカリがひどいんだよね……

とはいえ、ストレスを完全にシャットアウトするのは無理ですよね。

だからあなたなりのストレス解消法を用意して、こまめに発散しておくのが1番です。

そもそもストレスの感じ方は「心理状態」に大きく左右されます。

ストレスの感じ方の違い
同じことでもストレスの溜まり具合でイライラしなかったり

余裕がないと些細なことにイライラしがちですが、調子が良い時はスルーできます。

なほ

お休み前の金曜日は、何があっても笑って許せますよね♪

日頃から発散しておいて、心に余裕のある状態を作っておくのがポイントですね。

ちなみに、日光を浴びる幸せホルモンと呼ばれる「セロトニンが」分泌されます。

天気のいい日にちょっと散歩するだけでも、ストレスの解消になりますよ♪

ストレスの影響は大きい。こまめに解消しておこう!

5.「睡眠・食生活・たばこ」の3つを見直そう

良い生活習慣

5つ目のテカリ対策は「生活習慣の見直し」です。

  1. 睡眠不足
  2. 食べ過ぎ・飲みすぎ
  3. たばこを吸う

上記は「ホルモンバランスの乱れ」や「内臓系への負担」になります。

ストレスとおなじく、皮脂の過剰分泌につながるので気をつけたいですね。

なほ

30〜40代の男性は、あてはまる人が多そうですね。

みすたー

飲み会の翌日なんかは、もう顔がぬるぬるになっちゃうかもね……

いきなり規則正しい生活をするのは無理ですが、意識してすこしずつ改善していきましょう♪

「睡眠不足・食べ飲みすぎ・たばこ」はなるべく回避

6.出すぎた皮脂は適度にオフする

余分な皮脂のカット

出すぎた皮脂は、定期的にオフしてあげることも大切です。

放置すると、ビジュアル的な問題はもちろん酸化して臭い肌荒れの原因にもなります。

のちほど解説していますが、

  • 男性である
  • 年齢を重ねている
  • 「おでこ」や「鼻」というパーツ

この要素が3つ重なると、「皮脂が出すぎないよう完全に封じ込める」のは正直むずかしい部分もあります。

そのため、

みすたー

ある程度余分に出るのは仕方ない、でもテカらないようにケアする!

このように割り切ることが超大切です。

以下のような方法で、適切に皮脂をとってあげましょう。

皮脂をオフする方法
  • あぶらとり紙を使う
  • フェイスペーパーを使う
  • ぬるま湯洗顔をする
なほ

でも、あんまり取るとよくないって聞きますよね?

たしかに、まちがった方法で行うと逆効果ですが正しくとってあげれば大丈夫です。

「やり過ぎない・こすらない・保湿とセット」

上記を意識してオフしてあげましょう♪

出すぎた皮脂は「あぶらとり紙」などで適度にオフしてあげよう

あぶらとり紙のただしい使い方

7.最強アイテム「パウダー」を活用する

日焼け止めにもおすすめなテカリ防止用のパウダー

テカリ対策としての最強アイテムが「パウダー」です。

顔につけることで、あっという間にベタつきやテカリが目立たなくなります。

みすたー

事前につけておいても、テカリにくくしてくれるんだ。(メイク効果)

メイクといっても、男性用の色がついていないパウダーもあります。

自然な仕上りでバレることはまずないので、スキンケア的な感覚でつかいやすいです♪

  • 会食がある
  • 仕事で大切なプレゼンがある
  • 気になってる女の子と会う

上記のような「ここぞ」の場面では、最強のテカリ防止アイテムとして役立ってくれるでしょう。

絶対テカらせたくない場面では「パウダー」がおすすめ。

メンズ向けパウダーについては、以下の記事で使い方もふくめてくわしくレビューしています。

メンズベーシックの「テカリ防止パウダー」を徹底レビュー

そもそも男性はなぜ顔がテカリやすいのか:3つの原因を知っておこう

しかし、そもそもなぜ大人の男性の顔はテカリやすいのでしょうか。

防止策の中でもいくつか触れましたが、大きな原因は以下の3つです。

  • 男性ホルモンの影響
  • 年齢による変化
  • 皮脂腺の数のちがい

1.男性ホルモンの影響

男性ホルモン

顔のテカリの1番の原因は「男性ホルモン」の影響です。

男性ホルモンには皮脂の分泌をうながす作用があるので、メンズはどうしても顔がテカリやすくなります。

男性の皮脂量は女性の約3倍とまで言われているんですね。

男女の肌の皮脂量の差
参考:「ポーラ化成が男性の肌を徹底調査」における研究データ
なほ

男性の顔がテカリやすいのは、ある種の宿命ということなんですね……

2.年齢による変化

年齢

そして性別だけでなく「年齢」も大きな要因の1つです。

男性の皮脂量は「20〜30代」でピークを迎え、「60代」まではほぼ変わりません。

しかしその反面、肌の水分量は年齢に比例してどんどん減少するんです。

男性の肌における皮脂量と水分量の変化を表した折れ線グラフ
イメージグラフ

皮脂の量が多くても水分量が多ければ、「水々しい・ツヤツヤした」印象になります。

反対に、水分量が少ないと「ギラギラ・テカテカ」した印象を与えることに。

みすたー

だから若い男子学生は、皮脂量は多いけど嫌なイメージってすくないよね。

なほ

歳をとるとテカリが気になり出すのは、こういった水分量の違いもあるんですね。

もちろん、高校生などで顔のテカリに悩む男子もいます。

しかし大人にくらべると、スキンケアによって改善しやすいといえるでしょう。

男子高校生のスキンケアまとめ

3.パーツごとの皮脂線量の違い

皮脂を分泌する「皮脂線の量」は、実はパーツごとに違います。

もともと顔は皮脂腺が多いのですが、中でもおでこや鼻(いわゆるTゾーン)はかなりその密度が高いです。

顔(前額部)における皮脂腺量
背部や四肢の皮脂腺量

背中なんかも皮脂が多めで、さわるとけっこうベタつきます。

それでも、おでこに比べると「1/3〜1/2程度」の密度しかないんですよね。

  • おでこのテカリが気になる
  • 前髪が皮脂でベトつく
  • 鼻がテカる

こう感じる人が多いのは、体のパーツごとの皮脂腺量の違いも関係しているというわけです。

なほ

「性別・年齢・パーツ」っていう3つの問題はどうしようもないですよね。

みすたー

だから「それ以外の予防策」と「出てからの対処法」がとっても大切なんだ。

1つずつ見なおして「皮脂(テカリ)のコントロール」を身につけよう♪

以上、男性の顔のテカリの「原因」と「抑えるための対策」について紹介しました。

体質的な要因から、大人の男性の顔はテカリやすい宿命ではあります。

しかし、

  • その他のテカる要因を排除して「予防」する
  • 出すぎた皮脂は適切にケアして「対策」する

この2つを行うことで、顔のテカリはコントロール可能です。

多すぎる皮脂はテカリだけでなく、「毛穴目立ち」「ニキビ」といった肌トラブルにもつながってしまいます。

みすたー

このまま悩み続けないためにも、早めに対策していくことが大切だよ。

1つずつでいいので、今日からぜひ始めてみてください。

全部は覚えられないと思うので、ぜひ「ブックマーク」や「お気に入り」に入れて何度も見返してくださいね。

なほ

でも何からすればいいか悩みますよね……

という男性は、まずは基本のスキンケアから見直してみましょう♪

シェアありがとうございます
もくじ
閉じる