「メンズ乳液」おすすめベスト5!失敗しない選び方もばっちりわかる

なほ

男性の人って、どうやって乳液を選べばいいんでしょう?

メンズは使いなれない乳液。

種類も多いので、選ぶのにすごくまよってしまいますよね。

乳液には「油分」がふくまれるため、安さだけで選ぶとベタベタして使わなくなるケースも多いので注意が必要です。

みすたー

そこでこの記事では、「スキンケアマイスター」や「美容薬学検定1級」の資格をもつぼくが。

  1. 乳液選びで失敗しないための「7つのポイント」
  2. おすすめのメンズ乳液ベスト5

上記2つをわかりやすく解説しました。

記事をよめば、あなたにぴったりな乳液がばっちり見つかります♪

後悔しない乳液選びをするために、一緒にチェックしていきましょう。

おすすめ乳液ランキングからチェックする

もくじ

【メンズ向け】失敗しない乳液の選び方7つのポイント

乳液の上手な選び方

男性が乳液選びで失敗しないための「7つのポイント」がこちら。

乳液選びの7つのポイント
  1. ベタつく乳液はさける
  2. 季節によって乳液も使いわけよう
  3. クリームはやや使いにくい
  4. 敏感肌のメンズはあれこれ入りすぎてないものを
  5. 香りはない方が失敗しにくい
  6. ライン使いで効果UP
  7. 実店舗よりネットで買う方がリスクがすくない

上記のポイントを抑えることで、

「せっかく買ったのにお金がムダになった……」

そんな後悔をせずにすみます♪

では1つずつくわしく見ていきましょう。

おすすめランキングまでジャンプする

1.べたつく乳液はさけよう

なるべくサラッと使えるもの

乳液選びで失敗しない1番のポイントは、なるべくベタつかないタイプを選ぶこと。

男性の肌はただでさえ皮脂が多いため、ベタベタするとつけるのが嫌になってしまいます。

男女の肌の皮脂量の差
参考:「ポーラ化成が男性の肌を徹底調査」における研究データ

乳液の主な成分は「油分と水分」です。

そのため、乳液によってはかなりコッテリしたものもあるんですよね。

油分が多すぎると、ニキビ毛穴目立ちテカリなどの原因にもなります。

なほ

せっかくのスキンケアが逆効果になっちゃうんですね。

  • 乾燥肌
  • オイリー肌
  • 混合肌

いずれの男性も「べたつきにくさ」には注目して選びましょう。

最近では、保湿力が高くてもサラッと使える乳液はありますからね♪

みすたー

実際に使った人の、口コミやレビューも参考にしてみると失敗がすくないよ。

2.季節によって乳液も使いわけよう

シーズンによって選択も変わる

もう1つ重要なのが、「シーズンによる使い分け」です。

1年中同じスキンケアでは、バランスが悪くなってしまい十分なケアができません。

みすたー

「湿度」や「気温」の変化も、肌に影響するからだよ。

月ごとの平均湿度を表したグラフ
参考:気象庁公式ホームページ 湿度も夏と冬でおおきく違います。

たとえば僕は、テカリやカサつきの差が激しい「混合肌タイプ」です。

夏場はベタつきますが、湿度の低い冬には口まわりや目元が粉を吹くほどカサついてしまうんですよね。

以下が乳液の使い分けの1例です。

夏場

  • 乳液はうすめにつける
  • なるべくサラッとしたタイプを使う
  • 化粧水と乳液の中間「オールインワンタイプ」もあり

冬場

  • オールインワンだと不安
  • すこし保湿力の高い乳液をつける
  • 乾燥しがちな「口もと」や「目もと」は念入りに

このようにシーズンごとに使い分ければ、よりよい乳液ケアができます。

乾燥肌やオイリー肌といった「肌質」だけでなく、「季節」にも目を向けて選んでみましょう♪

3.「クリーム」は乳液より使いにくい

乳液とクリームの違い

「クリーム」は基本的に乳液よりも油分が多いです。

伸ばしにくかったりベタつきやすかったりするので、メンズには乳液の方が使いやすいでしょう。

みすたー

特別なこだわりがなければ「乳液」を使おう♪

4.敏感肌のメンズはいろいろと入りすぎてないものを

敏感肌の人は化粧品の添加物に注意

「すぐに肌が赤くなる」

「かゆみやぴりぴり感が出やすい」

こういう敏感肌のメンズは、よけいな成分が入っていない乳液を選ぶ方が安心です。

  • アルコール
  • メントール
  • 香料

たとえば上記は、悪者ではありませんが「あくまで使用感をよくするため」の成分。

人によっては刺激になるので、気になればさけた方が無難でしょう。

わざわざ成分表示を見なくても、「アルコールフリー」「メントール不使用」などと記載されているものが多いですね。

みすたー

ドラッグストアにおいてるメンズ乳液は、アルコールや香料が入ってるものが多いから注意だよ。

5.ライン使いでより効果的に

「化粧水」と「乳液」は、同じメーカーで揃えて使う方がどちらかといえばおすすめ。

それぞれの足りない成分を補うように作られているのでバランスが良いからです。

なほ

いわゆる『ライン使い』ってやつですね。

化粧水と乳液をライン使いするメリットについての図解
メーカーを揃えれば成分の偏りを防げる。

ただ、他メーカーのものと組み合わせるのが絶対ダメというわけではありません。

上記はかなり極端な例ですし、

  • なるべくならライン使いする
  • お金的にむずかしいなど、事情があればメーカーをわけてもOK

こんな感じで考えておきましょう♪

6.「香り」はない方が失敗しにくい

無香料がおすすめ

乳液は「香りのないもの」の方がおすすめです。

匂いが強いものもけっこうあるので、学校や仕事につけていくのにちょっと気になります。

それに香りのない乳液だと、他メーカーの化粧水とも合わせやすいんですよね。

なほ

無香料なら匂いがケンカしませんもんね。

もちろん好みの問題もあります。

しかし、まよったら無香料を選ぶ方が後悔しにくいでしょう

7.実店舗よりネットで買う方がリスクはすくない

実店舗よりネットで買う方がおすすめ

最後のポイントは乳液を買う「お店」について。

ドラッグストアやコンビニで買いたい男性もいると思いますが、ネットで買う方が圧倒的におすすめです。

ネットで買うと以下のメリットがあります。

  1. 返品がしやすいのですくないリスクでためせる
  2. 選べる商品が圧倒的にひろがる
  3. じっくり選べる
  4. お得な割引システムが多い

中でも大きいのは、①の返品に関する保証です。

たとえば、「オルビス」では公式サイトで買うと使ったあとでも30日間は返品ができます

しかも返すときの送料もオルビスが負担してくれるので、実質無料でためせるわけです。

なほ

「使用感があわない」「肌にあわない」。そんな時もお金をムダにせずにすむんですね。

スキンケア用品は、使ってみないとわからない部分も多いです。

ドラッグストアやコンビニで買うと、もし好みにあわなくても返品はできません

お店によってはテスターもありますが、人目もあるしじっくりためすのはむずかしいですよね。

みすたー

その点公式サイトなら、「届いてから〇〇日間は返品できる」という商品はけっこうあるんだ。

じっくり試せるしお金もムダにせずにすみます。

ネット購入ならではの「お得な制度」をばっちり活用しちゃいましょう♪

メンズ乳液おすすめランキングベスト5

おすすめメンズ乳液ベスト5

初心者の男性でも使いやすい、おすすめ乳液をランキング形式で紹介します。

「美容薬学検定1級」などの資格も持つぼくが実際に使った、本当におすすめできるものだけ厳選しました。

選んだポイントとしては以下の5つです。

  1. ベタつきにくさ
  2. コスパ
  3. 保湿力
  4. クセのすくなさ
  5. 試しやすさ

1位.おてがるもっちり肌へ
オルビスミスター 「モイスチャー」

オルビスのメンズ乳液(保湿液)「ミスター モイスチャークリーム」
オルビス 公式オンラインショップより引用

基本情報

おすすめ乳液の第1位は、オルビスミスター「モイスチャー」。

ベタつきはすくないのにしっかり保湿ができ、夏〜冬までオールシーズン活躍できます。

「ハイブリッドフィックスバリア*」とよばれる独自の複合成分がそのカギです。

ミスター「モイスチャークリーム」の使用目安量1プッシュ分をスプーンの上に出した
名称は「保湿液」ですが、サラッと使える乳液だと思ってもらえればOKです。

オルビスミスターの化粧水とライン使いすればもっちりすべすべに♪

1日あたり「約39円」とコスパも良いです。(1日2回・2プッシュ使用時 / 公式のおすすめは1〜2プッシュ)

10代の若いメンズでもつづけやすいですね。

みすたー

ちなみにぼくは、「夏は1プッシュ・冬は2プッシュ」でつかってるよ。♪

さらにオルビスは、公式サイトなら「30日間」は使ったあとでも返品ができます。

なんと返すときの送料もオルビスが払ってくれるので、肌にあわなかった場合でもお金はいっさいムダになりません

オルビス公式オンラインショップ限定の特典内容(初回送料無料・30日間の返品交換OK)
オルビス公式ページより引用

はじめて乳液をつかう男性でも安心してためせます

化粧水と洗顔料といっしょのおためしセットもあるので、気がるに体験してみましょう♪

\980円の数量限定おためしセット/

※(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、カルボマー、キサンタンガム
保湿成分を肌に閉じ込めながら、オルビスミスターのローションとのなじみ感を高める成分

2位.うるおい高めなオールインワン
ホロベル「トータルスキンケア保湿ジェル」

ホロベルのオールインワン化粧水「トータルスキンケア保湿ジェル」
HOLO BELL公式サイトより引用

基本情報

  • 価格 3,850円
  • 内容量 100g(約2ヶ月分)
  • ためしやすいトライアルあり

化粧水と乳液が一緒になった、ホロベルのオールインワンジェル。

すごくサラッと使えるので、「オイリー肌のメンズが夏に使う」のにおすすめです。

スプーンに出したホロベル「オールインワン化粧水」のテクスチャー

1本ですむので手間もすくなくていいですね。

ただしその分、保湿力にはやや不安があります。

みすたー

乾燥肌のメンズや、冬場に使うのはちょっと微妙かも。

また「返品制度」がないのがちょっと残念ですね。

一応トライアルがあるものの、送料がかかる分お得感はうすいです。

いい商品ではありますが、オルビスミスターと比べると全体的には見劣りしてしまいます。

3位.とにかく安くて高コスパ
無印良品の乳液「さっぱりタイプ」

無印良品の乳液(敏感肌用・さっぱり)
無印良品 公式サイトより引用

基本情報

  • 価格 580円
  • 内容量 200ml

コスパが抜群にいい「無印良品」の乳液。

とにかく安いので、お金がない学生にはうれしいですね。

メンズ用ではありませんが、そこそこさらっとしていて使いやすいです。

無印良品の乳液「敏感肌用・さっぱりタイプ」」

ドラッグストアにはないものの、無印のお店は多いので実店舗で買いたいメンズにはありがたいでしょう。

欠点としては、プッシュタイプではなくボトルが使いにくいです。

「ドバッと出たり」「なかなか出なかったり」して、毎日使うのはちょっとストレス。

みすたー

あと、オルビスやホロベルと比べるとすこしだけべたつきはあるんだ。

オイリー肌の男性だと気になるかもしれませんね。

とはいえ安いので、価格をかんがえると悪くない乳液です。

4位.ベタつきが全くない
BOTCHAN「フラワーモイスチャライザー」

BOTCHANの美容乳液「フラワーモイスチャライザー」
BOTCHAN 公式サイトより引用

基本情報

とてもサラッと使える「BOTCHAN(ボッチャン)」の乳液。

めずらしいジェルクリームタイプで、ベタつきが全くないです。

サラッと感だけに関していえば1番おすすめかもしれません。

手の甲に伸ばしたBOTCHANの乳液
乳液とは思えないほどサラッとした使い心地♪

気になるのはシトラス系の匂いが強いことです。

もうすこしさりげない香りだったら文句なしだったんですが……

しかしこのあたりは好みの問題もあるので、「しっかり香りが欲しいメンズ」にはどんぴしゃかもしれませんね。

5位.ばっちり保湿で冬も安心
バルクオム「THE LOTION」

バルクオムの乳液「THE LOTION」
「Amazon」より引用

基本情報

  • 価格 3,300円
  • 内容量 100g(約1ヶ月分)
  • お得に買える初回限定セットあり 

「人気が高いバルクオム」の乳液。

保湿力が高く、乾燥がひどいメンズにおすすめです。

寒さのきびしい冬場でも問題なく使えるでしょう。

手の甲に伸ばすバルクオムの乳液

ただし、オイリー肌の男性には重く感じるかも。

そして値段もやや高価なので「10〜20代の学生」より、「30〜40代の大人の男性」にむいているでしょう。

ランキング1位にもどる

あなたに合ったメンズ乳液で肌をととのえよう♪

おすすめメンズ乳液まとめ

以上、「メンズ乳液の選び方」と「おすすめ乳液ベスト5」のご紹介でした。

最後にもう一度まとめます。

メンズ乳液の選び方まとめ
  1. とにかくベタつかないものを選ぼう
  2. 季節や肌タイプにあわせて使いわけるとグッド
  3. 香りはない方が失敗しにくい
  4. 返品制度のある「公式サイト」で買うとリスクがすくない
  5. まよったらオルビスミスターのおためしセットではじめてみよう

乾燥は、不潔に見られがちなうえいろいろな肌トラブルにもつながってしまいます。

そして水分の蒸発をふせぐ「フタ」として、男性にも乳液は必要です。

毎朝鏡を見るのが楽しくなるように、あなたに合った乳液を使ってばっちりスキンケアしていきましょう♪

超さらっと使えるオルビスミスター

オルビスミスターの保湿液(乳液)「モイスチャー」

\980円のMr. おためしセット/

※数量限定なのでお早めにどうぞ

ランキングをもう1度見る

乳液選びのポイントをもう1度見る

シェアありがとうございます
もくじ
閉じる