正しい化粧水の使い方:男性のために1から画像で解説!

なほ

化粧水を使ってみたいけど、「つけ方がよくわからない男性」も多いそうですね。

化粧水は「大切なうるおいケア」ですが、まちがったつかい方をすると肌に逆に負担をかけてしまうので注意が必要です。

そこで今回は、

  1. 化粧水の「正しい使いかた」
  2. 男性が化粧水をつける3つのタイミング
  3. 初めての人のための化粧水「Q & A」

上記3点についてわかりやすく解説します。

みすたー

紹介するぼくは、スキンケアマイスターなどの資格も持つ肌ケアの専門家だから安心してね。

記事を読み終わるころには、初めての男性もバッチリ化粧水を使いこなせるようになります。

正しい化粧水の使い方をマスターして、トラブルに負けない「うるおい肌」を手に入れましょう♪

「そもそも化粧水の効果ってなに?」という男性は以下の記事からご覧ください。

もくじ

男性の正しい化粧水の使い方

まずは男性における「化粧水の正しい使い方」について、画像と一緒に流れでザッと見ていきましょう。

みすたー

使い方のこまかいポイントは、記事後半でくわしく解説してるよ♪

1.洗顔後にやさしく顔をふいておく

洗顔後にタオルで顔を拭く男性

男性が化粧水をつけるタイミングは基本的に「洗顔後」です。

ぬれた状態の顔につけるのではなく、水分をタオルで優しくふきとってからつけるようにします

2.化粧水を手のひらに適量とる

手のひらに化粧水を出すシーン

化粧水を適量手のひらにとりましょう。

出す量としては化粧水ボトルの「裏面」「説明書」に、

  • 2プッシュ
  • 500円玉くらい

こんな感じで記載されているはずなので、そちらを基準にするといいですね。もし何も書いていなければ500円玉くらいの量を目安にすればOKです

3:手のひらで温めながら伸ばす

化粧水を手のひらに出したら、顔につける前に両手で化粧水をのばします

化粧水をこするようにして温めるシーン

そうすることでぬりムラも少なくなりますし、手の体温をうつして化粧水を温めることができるからですね。

みすたー

温度差による肌への刺激もふせげるんだ♪

ただし「サラっとしたタイプの化粧水」だと、この伸ばす動作の際にけっこうこぼれたりします。

そういう場合は化粧水を出す量をすくなめにして、2回にわけてつけてあげましょう

3:顔全体に包み込むようにつけていく

化粧水をのばしたら、顔全体につけていきます。

両方の手のひらを使って、肌を包み込むようなイメージでやさしくなじませていきましょう

手のひら全体で化粧水をつける写真
手のひら全体で優しくおおう
手のひら全体で化粧水をつける写真2
ポイントをかえながら優しくなじませる
  • ほほ
  • おでこ
  • あご

ぬり残しがないようポイントを変えながら全体につけます。

このときに「パンパン叩いたり」「強くこすったり」しないように気をつけてください。肌のダメージになってしまいます。

4:塗りにくいポイントは指先も使って

顔の中でも「凹凸があるポイント」は塗り残しが出やすいです。

  1. 目のまわり
  2. 口のまわり
  3. 小鼻

この辺りは全体にぬった後に、指先を使ってもう一度つけるようにします。

特に「目元」「口元」は皮脂が少なく、乾燥しやすい箇所でもあるのでしっかりつけてあげてください。

化粧水でぬりのこしやすいポイント
化粧水でぬり残しやすいポイント

5:手に残った化粧水は首へもつけてあげよう

ぬり終わって、手に残った化粧水は「首」にもつけてあげるといいですね。

実は「首の皮膚(特に前・横がわ)」というのも、薄くて乾燥しやすいポイントだからです。

乾燥しやすい首のポイント
乾燥しやすい首のポイント
  • 服が当たってこすれる
  • 紫外線にさらされやすい
  • ネックレスなどの装飾品による刺激

こういった影響もあるため、首は肌トラブルの出やすい場所でもあります。

「そういえば首の横のあたりがカサついてかゆくなるんだよな……」

なんていう乾燥が強めの人の場合は、化粧水を追加してしっかりケアしてあげたいですね

6:化粧水のあとは乳液でフタをするのがおすすめ

乳液のボトル

化粧水のあとは乳液でフタをしましょう。

  1. 化粧水は「うるおい補給」
  2. 乳液は「うるおいを逃さないフタ」

それぞれ、こういった別の役割があるからですね。

1本で済ませるタイプの「オールインワン化粧水」というのもありますが、基本的には化粧水と乳液はセットで使うと覚えて起きましょう

男性が化粧水をつけるタイミング

  • 朝起きてすぐ
  • 顔を洗った後
  • お風呂上がり
  • 寝る前

化粧水をつける「タイミング」や「頻度」って意外と悩むポイントですよね。

でも化粧水をつけるタイミングは主に2つです。

1.洗顔後は必ずつけよう

まず化粧水をつけるタイミングは基本的には「洗顔後」になります。

洗顔後というのは汚れだけでなく、

  1. うるおい成分(NMF・セラミドなど)
  2. 必要な皮脂

こういった、「肌を守ってくれる大切な成分」も一緒に洗い流した状態です。

肌を守る主な3つの保湿成分
イメージ図

そのため顔を洗ったままで放置しておくと、どんどん乾燥して肌トラブルの原因になってしまうことに……。

だからこそ「洗顔後は化粧水をつけるベストなタイミング」だと言えます

2.ヒゲを剃った後も忘れずに

もう1つ。

男性で忘れてはいけないのが「ヒゲを剃った後の保湿」です。

ヒゲを剃ることで、肌の表面でバリアの役目をしてくれている「角層」も一緒に削り取ってしまいます。

髭剃りによる肌へのダメージ
ヒゲそりによる肌へのダメージ

「手でこすっただけでも肌にはダメージを与えてしまう」ということを考えれば、ヒゲ剃りのダメージの大きさはなんとなく想像できますよね。

ヒゲ剃り後の肌はいつも以上にナイーブで、しかも乾燥しやすい状態になっています。

かならず「化粧水」と「乳液」を使ってスキンケアしてあげてください

化粧水をつける順番と回数

男性の場合、基本は「1日2回」化粧水をつけることになります。

化粧水をつける順番については下にまとめたので、こちらを参考にしてみてください。

化粧水をつける順番

「朝の洗顔時」

  1. 洗顔
  2. 化粧水でうるおい補給
  3. 乳液でフタ

「夜の洗顔時」

  1. 入浴・洗顔
  2. 化粧水でうるおい補給
  3. 乳液でフタ

「ヒゲをそる時」

  1. 洗顔
  2. ヒゲそり
  3. 化粧水でうるおい補給
  4. 乳液でフタ

「洗顔後以外は絶対につけてはダメ!」というわけではありません。

とはいえ化粧水もつけ過ぎは肌トラブルを招き、逆効果になる可能性が。

基本的には「洗顔後・朝と夜の2回」で考えておきましょう

なほ

洗顔の回数が1日2回の理由は、以下の記事で解説していますよ。

男の人の化粧水の使い方 Q&A

化粧水の使い方Q&A

化粧水の使い方について、「注意点」や「よくある疑問」をまとめました。

Q1.化粧水って洗い流さなくていいの?

みすたー

A.洗い流さなくてOKだよ。

男性から意外と多いのがこの質問です。

しかしこれは、せっかく補充したうるおい成分を水で流すことになります。

化粧水をつけたら浸透するまで「1分程度」まって、そのまま洗い流さずに乳液をつけるようにしましょう。

「顔がべとついて気持ち悪いから洗いたい……」

ともし思うのであれば、使う化粧水を見直した方がいいかもしれませんね。

「サラッとつかえるタイプの化粧水」を選んでみましょう。

Q2.コットンでつける方がいいって本当?

みすたー

A.男性の場合は手でつける方がおすすめかな。

女性向けの化粧水のつけ方では、コットンを使った方法を紹介しているものもありますね。

たしかに「コットンで化粧水をつけるやり方」「手で化粧水をつけるやり方」どちらにもメリットは存在します。

コットンでつける方法

  • 肌に化粧水が浸透しやすい
  • 手の雑菌がつきにくい

手でつける方法

  • 体温で化粧水を温められる
  • 肌への刺激が少ない

女性の場合はかなり悩むところかもしれませんね。

ただし男性の場合は「そもそもコットンを使い慣れてない」「繊維がヒゲに引っかかる」というデメリットが。

そのため、特別な理由がなければ手で化粧水をつける方をおすすめします。

Q3.叩くやり方ってどう?

みすたー

A .肌の刺激になるのでやめよう!

化粧水をつけた後に「顔をパンパンたたく男性」多いです。

昔ぼくもやったことがあるので気持ちはわかりますが……刺激になって肌の負担になるのでやめましょう。

「赤ら顔」や、「その他肌トラブル」の原因になってしまいます。

Q4.押さえる方法がいいって聞いたんだけど……

みすたー

A.ハンドプレスという方法があるよ。

化粧水をつけた後に、10秒くらいやさしく押さえる「ハンドプレス」という方法があります。

ハンドプレスとは

「浸透力がアップする」と言われていますが、しかし肌が敏感な人にはこちらも刺激になる可能性が。

実際にぼく自身もハンドプレスをすると赤みかゆみが出ます。

そして浸透力がアップするといっても、もともと届かない肌の深部まで浸透するようになるわけではありません

肌があまり強くない人は、ハンドプレスをしない方が無難だと言えそうです。

でも化粧水をつけるときに、短い時間やさしく抑えるのはOKですよ。

Q5.肌が脂っぽい男性はつけない方が良い?

みすたー

A.オイリーな男性も、基本は化粧水をつけよう!

脂っぽいと感じてる男の人でも、

  1. 部分的に乾燥する
  2. 肌の内部は乾燥している

こういった人は非常に多いです。

混合肌とインナードライ
混合肌・インナードライ

「混合肌」とか「インナードライ」なんて呼ばれ方もしますよね。

そして、そもそも皮脂が「乾燥を補うために過剰に出ている」というケースもあるんです。

だから肌が脂っぽいと感じてる男性も、基本的には化粧水や乳液で保湿してあげるようにましょう。

男性のための正しい化粧水の使い方まとめ

以上、「男性のための正しい化粧水の使い方」について解説していきました。

男性の化粧水の使い方まとめ
  1. 手に伸ばした後、やさしく顔全体になじませよう
  2. 基本は乳液とセットで使おう
  3. つけるタイミングは1日2回・洗顔後

保湿はトラブルから肌を守るための、メンズにおいても超大切なスキンケアです。

正しく化粧水を使って、乾燥に負けないうるおい肌を手に入れましょう

なほ

「化粧水や乳液」については、以下の記事もあわせて参考にしてみてくださいね。

シェアありがとうございます
もくじ
閉じる