バルクオム

【ホロベルとバルクオム】2つとも使って徹底比較!決め手になるのは3つのポイント

HOLO BELLとBULK HOMME

「ホロベル(HOLO BELL)」と「バルクオム(BULK HOMME)」

どちらも人気なので、迷う男性も多いと思います。

結論から言うと、3つの優れたポイントからバルクオムがおすすめです。

  1. 泡立ちが良いのでこすらず洗える
  2. 洗顔・化粧水ともに自然な香りで癒される
  3. 初回500円コースがお得で試しやすい

その一方で、ホロベルにも「無香料」「アルコールフリー」という特徴が存在します。

この記事では、スキンケアに関する資格も持つ僕が6つの点に絞ってくわしく比較しました。

一緒に、後悔しない選び方をしていきましょう♪

みすたー
みすたー
実際に使った時の画像ものせてるから、イメージもしやすいはずだよ。

 

\お得な初回500円のセットコース/バルクオム公式ページはこちら23日間の返金保証つきで安心♪

 

ホロベルとバルクオムを6つの点から徹底比較

ホロベルとバルクオムを6つのポイントで比較

ホロベルとバルクオムについて比較していくポイントこちらです。

比較する6つのポイント
  1. 洗顔料の使い心地
  2. 化粧水の使用感
  3. 気になる2つの成分の有無
  4. 料金・コスパはどう?
  5. お得な初回特典
  6. みんなの口コミ評価

1つずつ見ていきましょう♪

1.洗顔料の違いは泡立ちの良さ

ホロベルとバルクオムの洗顔料

1番大事な使用感についての比較からです。

洗顔料はどちらも「洗浄力と保湿力」のバランスが良くて似ていますね。

汚れは落とせますが、肌に大切な潤いはしっかりキープしてくれます。

みすたー
みすたー
優しい洗い上がりで、洗顔後もつっぱりにくい♪

ただしホロベルとバルクオムの洗顔料では、泡立ちに大きな違いがあります。

ホロベルの洗顔料はやや泡立ちにくい

ホロベルの洗顔料「エッセンシャル保湿ウォッシュ」

ホロベルの洗顔料は、残念ながらやや泡立ちにくいです。

洗顔ネットで初めて泡立てた時は、十分な量を作るのに1分くらいかかりました。

みすたー
みすたー
洗顔に必要な泡の量は、大体テニスボール1個分だよ。

「肌をこすらない優しい洗顔」をするために、泡立ては大切なポイントです。

毎日がんばってゴシゴシ泡立てる手間を考えると、マイナスポイントだと感じてしまいます。

らいおん先輩
らいおん先輩
疲れてる時とか、特に面倒くさいもんな。

 

ただし「4層構造の大きな泡だてネット」を使って、ガシガシ泡立てればこれくらいの立派な泡は作れました。

泡だてたホロベルの洗顔料大きな洗顔ネットでガシガシ泡立てるといける

 

バルクオムの洗顔料は泡立ちよし

バルクオムの洗顔料「THE FACE WASH」

一方バルクオムの洗顔料はとても泡立ちやすいです。

大きな泡だてネットを使えば、30秒足らずでこんなモチモチ泡が完成します。

泡だてたバルクオムの洗顔料かんたんに作れるたっぷりのモチモチ泡

これだけの泡が作れると、肌に優しいこすらない洗顔もしやすいです。

  1. 普段手だけで泡立てていた
  2. そもそも泡立てずに使っていた

こういう人でも手間なく泡だてられるので、この機会に正しい洗顔をしやすくなりますね。

らいおん先輩
らいおん先輩
サクッと泡だてられるなら、面倒くさがりな俺でも続けられそうかも。

 

【洗顔料の比較まとめ】

特徴
ホロベル汚れは落とすが潤いキープ
泡立ちにくい
バルクオム汚れは落とすが潤いキープ
泡立ちやすい
みすたー
みすたー
どちらも「乾燥肌〜混合肌タイプ」に嬉しい洗顔料で、大きな違いは泡立ちだね♪

 

2.化粧水の使用感はどちらもサラッと使える♪

ホロベルとバルクオムの化粧水

化粧水はどちらもベタつかず、サラッとしているので男性でも使いやすいです。

大きな違いとしては、

  1. ホロベルは「オールインワンジェル」
  2. バルクオムは「化粧水」

ということでしょう。

ホロベルは1本で済ませるオールインワン

ホロベルの化粧水「トータルスキンケア保湿ジェル」

ホロベルは1本でOKな「オールインワンタイプのジェル」です。

その名の通りジェル状なので、手に出した時はややどろっとしています。

手に出したホロベルの化粧水(保湿ジェル)白っぽくてとろみがあるジェル

しかし顔につけて少し時間を置くと、全くベタつく感じはありません。

肌を触るとむしろサラサラするくらいなので、不快感がなくて嬉しいですね♪

らいおん先輩
らいおん先輩
ベタベタするのは気持ち悪くて嫌だもんな。

 

ただしその分、保湿力が抜群に良いというわけではありません

  1. 肌の水分量が少なめな大人の男性
  2. テカリや乾燥など悩みが多い人

こういう人はホロベル1本ではやや不安かなと。

みすたー
みすたー
化粧水と乳液の2本なら、シーズンだったりで使い分けられるけど…

なのでどちらかと言えばホロベルは、

「肌の悩みが少ない人」

「とりあえずスキンケアを始めたい人」

こういう人におすすめしたいオールインワンジェルです。

バルクオムは化粧水だが意外と1本でもいける

バルクオムの化粧水「THE TONER」

バルクオムの方は「化粧水タイプ」なのでさらさらですね。

手に出した時から水のようで、顔につけてからもベタつきません。

手のひらに出したバルクオムの化粧水さらさらで透明な液体

しかし意外としっとり使えるなと。

「乾燥がひどくない人や暖かい時期」なら、化粧水だけでもけっこう満足できると思います。

スキンケア初心者の人はとりあえず化粧水だけで始めてみて、

  1. 保湿力足りないかも
  2. 慣れてきたし乳液も試したい

こう思ったら、乳液も使ってみればOKでしょう。

らいおん先輩
らいおん先輩
慣れない人がいきなり2本使うのは大変だし、お金もかかるもんな。

 

【化粧水の比較まとめ】

特徴
ホロベルオールインワンジェル
サラッと使える
1本では少し不安
バルクオム化粧水タイプ
サラッと使える
シーンによって乳液と
みすたー
みすたー
どっちもベタつかないから、使いやすくていいよね。
らいおん先輩
らいおん先輩
ホロベルは1本使いだから、もうちょっと保湿力が欲しかったかもな。

 

3.アルコールはホロベルでは不使用・バルクオムで使用

2つの成分を比較

続いてホロベルとバルクオムにおける2つの成分についての比較です。

アルコール香料
ホロベル不使用不使用
バルクオム使用使用

まず「アルコール」ですが、バルクオムのみ使用されています。

アルコールが肌に合わないという人はホロベルを選ぶべきでしょう。

ただ勘違いして欲しくないのは、アルコール自体は別に悪者ではないということです。

むしろ、

  1. 肌を引き締める
  2. 爽快感を出す
  3. 殺菌・防腐

こういった作用があるので、色んなメンズ化粧品に利用されています。

みすたー
みすたー
僕もかなり敏感肌だけど、アルコール使用の化粧品は問題なく使えてるよ。

「牛乳や卵」と同じように、アレルギーがない人は変に避けなくてOKということですね。

 

ホロベルは無香料・バルクオムは香料使用

そして「ホロベル」では無香料。

「バルクオム」では香料を使用しています。

らいおん先輩
らいおん先輩
バルクオムも香りはついてるけど、マスカット系の控えめな匂いだな。
  1. 香りがある方が良い
  2. 香りがない方が良い

こちらも好みとして、1つの判断材料にできるでしょう。

僕は強い匂いは苦手ですが、さりげない香りはある方が好きなんですよね。

バルクオムはマスカット系の自然な香り(特に洗顔料)で、かなり好みでした♪

※無香料=無臭ではないので、ホロベルもやや素材自体の香りはあります。

 

4.料金やコスパはあまり変わらない

容量やコスパは?

4つ目は、料金面での詳しい比較です。

【洗顔料の比較】

料金使用目安
ホロベル2,200円
(120g)
1ヶ月
バルクオム2,200円
(100g)
1ヶ月

洗顔料は料金は同じですが、内容量はホロベルが「20g」ほど多いです。

目安通り使えば、ホロベルの方が少しだけコスパは良いですね。

みすたー
みすたー
使用目安は「朝晩2回使用時」のものだよ♪

 

【化粧水の比較】

料金使用目安
ホロベル3,850円
(100g)
2ヶ月分
バルクオム3,300円
(200ml)
※1ヶ月分

化粧水は使用目安に注目です。

公式の記載では「バルクオムは1ヶ月分」となってます。

ちょっとコスパが悪いように感じますよね。

でも実は公式通りの使用量だと、バルクオムの化粧水はぴったり100日分使えるんです。

らいおん先輩
らいおん先輩
そもそもよく見たら、バルクオムの内容量多いよな。

使っていてなかなか減らないので、計算してみたら納得でした。

詳しくは下の記事で「計算式」など出しているので、気になる人は参考にしてみてください。

>> バルクオムの量って何ヶ月分もつの?なんと化粧水は100日分!

※あくまで公式での記載は1ヶ月です

 

まとめると単品で使った場合、

  1. ホロベル
  2. バルクオム

どちらもコスパは普通くらいだと思います。

値段もそこそこしますが品質は良いので、不満は感じにくいはずです。

5.「初回トライアル」はバルクオムが圧倒的にお得

バルクオムのお得な初回キャンペーン

公式サイト限定の「初回トライアル」はバルクオムが圧倒的にお得です。

ホロベルは金額的には試しやすいんですが、お得感はそこまでありません。

みすたー
みすたー
安く買うために大切なポイントだから、どちらもチェックしていこう♪

ホロベルの550円トライアルはやや微妙

ホロベルでは約2週間分の小さなお試し商品が、「洗顔料」と「化粧水」で用意されています。

商品代金「550円」ということで手は出しやすいですね。

ホロベルのトライアル
  1. 商品代金はそれぞれ550円
  2. 送料はかかる
  3. 約2週間分だが洗顔料は1日1回の計算

トライアル終了時は定期コースへ移行

キャンセル料や回数縛りは無し。

通常商品の1/4と内容量が少ないので、割引的にはそこまで大きくありません。

ただ多少安くはなっていますし、ホロベルを初めて使う人にはおすすめできます。

トライアルの内容を確認する

 

「ホロベルの解約方法」については、以下の記事で詳しく解説しています。

>> ホロベルの解約方法が1からわかる!キャンセル料なしで安心♪

 

バルクオムの500円キャンペーンは91%OFF

バルクオムには初回500円で始められるセットコースがあります。

バルクオムの初回キャンペーン
  1. 初回550円(税込)
  2. 洗顔料・化粧水・洗顔ネットのセット
  3. 通常商品と同じサイズ
  4. 送料無し

「洗顔料と化粧水」の定期購入コース。

いつでも解約できるが、2回目受け取り前の解約はキャンセル料が3,000円必要。

バルクオムの方は「定期コースにおける初回大幅割引」といった感じですね、

同じセット内容を単品で買うと「6,710円」かかるので、キャンセル料を考えてもかなりお得になっています。

僕もそうでしたが、2回目まで受け取って解約するパターンがおすすめですね。

バルクオムのセット内容を見る

 

バルクオムの「解約方法」や「キャンセル料」については、こちらの記事でわかりやすく解説しています。

すごくお得なコースなので、しっかり活用するために1度チェックしておきましょう。

1からわかる:バルクオムのお得なコースの解約方法やキャンセル料

1からわかるBULK HOMMEの解約手順・キャンセル方法
【バルクオム】初回500円定期コースの解約手順!キャンセル料と返金方法もばっちりバルクオム「初回500円定期コース」の解約方法・手順について1から解説します。キャンセル料や返金保証のことも含め、解約に関する不安を解消できるはずです♪僕が実際にやめた時の状況も詳しく紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。...

 

6.口コミ評価はどちらも高い

バルクオムとホロベルのみんなの評価を比較

最後に口コミ評価における比較です。

【Amazonにおける口コミレビュー】

平均評価
(星5つ中)
口コミ件数
ホロベルの
洗顔料
4.397件
バルクオムの
洗顔料
4.31239件
ホロベルの
化粧水
4.1143件
バルクオムの
化粧水
4.3374件

※2020年7月24日時点

口コミ評価は、ホロベル・バルクオムともに非常に高いですね。

どちらも「日本製品」ということもあり日本語が怪しい変なレビューも少ないので、ある程度は信頼できるかと。

やっぱりみんなの満足度が高いと不安も少ないですし、嬉しいポイントです。

 

らいおん先輩
らいおん先輩
あとバルクオムの口コミ件数がすごいことになってるな。

CMなどの影響もあって、バルクオムはやはり人気が高いようですね。

最近では一部で売り切れという状況にもなっています。

お得な公式限定のセットコースも予約待ちなので、お得に買いたい人は早めに注文しておきましょう。

ホロベルとバルクオムの比較ポイントまとめ

「HOLO BELL」と「BULK HOMME」の比較まとめ

以上、ホロベルとバルクオムについて6つの点から比較をしていきました。

どちらも優秀な商品ですが、

  1. 泡立ちが良いのでこすらず洗える
  2. 洗顔&化粧水の自然な香りに癒される
  3. 初回500円コースがお得で試しやすい

ということで、個人的にはバルクオムの方が使いやすいかなと。

ホロベルの場合は「アルコールが肌に合わない人」「無香料がいい人」にはおすすめですね。

良い洗顔料や化粧水は使うのが楽しみになるので、自然とスキンケア意識も高めてくれます。

毎日鏡を見るのが楽しみになるように、あなた好みのスキンケア用品で肌をととのえていきましょう♪

 

\お得な初回550円のセットコース/バルクオム公式ページはこちら23日間の返金保証つきで安心♪