バルクオム

【両方つかってみた】ホロベルとバルクオムを7つの点で比較。どっちを選ぶべき?

ホロベルとバルクオムの比較

メンズスキンケアで人気な「ホロベル」と「バルクオム」。

Amazonでの口コミ評価も高く、どちらを選べばいいのか迷いますよね。

結論から言うと、

  1. 本格スキンケアなら「バルクオム」
  2. お手軽スキンケアをしたいなら「ホロベル」

上記のように選ぶのがベストだと言えます。

みすたー
みすたー
この記事では、スキンケアマイスターの資格も持つ僕が7つのポイントからくわしく比較しました。

ホロベルとバルクオムは、どちらも良いアイテムですが明確に違いが存在します。

購入してから後悔しないために、あなたにぴったりなスキンケア選びを一緒にしていきましょう♪

 

\初回990円のセットコース/バルクオムをチェックする

ホロベルをチェックする

 

【比較表】ホロベルとバルクオムの違いを7つの点からチェック

ホロベルとバルクオム

ホロベルとバルクオムについて、まず基本スペックを「表」で比べました

 比較表

ホロベルの洗顔料「エッセンシャル保湿ウォッシュ」

ホロベル

バルクオムの洗顔料「THE FACE WASH」

バルクオム 

初回限定
セット
各550円990円
2,480円
洗顔料2,200円2,200円
化粧水3,850円3,300円
乳液3,300円
香りなしあり
アルコール含まない含む
返品不可*23日間
公式サイトホロベルバルクオム

※バルクオムの返品は初回限定セットのみ可能

ホロベルは、化粧水がオールインワンタイプで「2ステップ」。

バルクオムの方は、乳液まで用意された「3ステップ」となっています。

ここからは、特に大切な7つのポイントでくわしく比較していきましょう。

比較する7つのポイント
  1. 洗顔料の「効果・使用感」
  2. 化粧水の「効果・使用感」
  3. アルコール成分
  4. 香り
  5. 料金・コスパ
  6. お得な「初回限定セット」の内容
  7. みんなの口コミ評価

1.洗顔料はどちらも「保湿タイプ」だが泡に違い

ホロベルとバルクオムの洗顔料

1番大切ともいえる、効果・使用感についての比較です。

洗顔料は、どちらも「洗浄力と保湿力」のバランスが良く似ていますね。

汚れは落としますが、肌に大切な潤いはキープしてくれます。

みすたー
みすたー
優しい洗い上がりで、洗顔後もつっぱりにくい♪

ただし、ホロベルとバルクオムの洗顔料では泡立ちに大きな違いがあります。

ホロベルの洗顔料は「やや泡立ちにくい」

ホロベルの洗顔料「エッセンシャル保湿ウォッシュ」

ホロベルの洗顔料は、残念ながらやや泡立ちにくいです。

僕が初めて使ったときは、泡立てネットでも「1分」くらいかかりました。

みすたー
みすたー
洗顔に必要な泡の量は、大体テニスボール1個分だよ。

「肌をこすらない優しい洗顔」をするために、泡立ては大切なポイント。

毎日がんばって泡立てる手間を考えると、マイナスだと感じてしまいます。

らいおん先輩
らいおん先輩
疲れてる時とか、特に面倒くさいもんな。

ただし、ガシガシ泡立てればこれくらいの立派な泡は作れました。

泡だてたホロベルの洗顔料大きな洗顔ネットでガシガシ泡立てるといける

バルクオムの洗顔料は「泡立ち抜群」

バルクオムの洗顔料「THE FACE WASH」

一方、バルクオムの洗顔料はとても泡立ちやすいです。

セットコースについてくる泡立てネットを使えば、あっという間にたっぷりのモチモチ泡が完成します。

泡だてたバルクオムの洗顔料かんたんに作れるたっぷりのモチモチ泡

これだけの泡が作れると、肌に優しいこすらない洗顔もしやすいですね。

  1. 普段手だけで泡立てていた
  2. そもそも泡立てずに使っていた

こういうメンズは、洗顔が1ランクレベルアップするでしょう。

 洗顔料まとめ 

らいおん先輩
らいおん先輩
洗顔料に関しては、正直「バルクオム」の方がおすすめかもな。
みすたー
みすたー
泡立てが苦手じゃないならホロベルもOKだけどね。

2.化粧水はどちらもかなりサラッと使える

ホロベルとバルクオムの化粧水

化粧水はどちらもベタつかず、サラッとしているので男性でも使いやすいです。

大きな違いとしては以下の2点でしょう。

  1. ホロベルは「オールインワンジェル」
  2. バルクオムは「化粧水」

ホロベルは1本で済ませるオールインワン

ホロベルのオールインワン化粧水「トータルスキンケア保湿ジェル」

ホロベルの化粧水は、1本でOKな「オールインワンタイプのジェル」です。

オールインワンは、手軽ですが保湿力が低くなりがち。

しかしホロベルでは、保湿に特化した成分を配合してその弱点をカバーしています。

注目したい3つの保湿成分
  • 3大保湿成分の「セラミド」
  • コラーゲンの1.3倍の保湿力をもつ「バラフ*¹」
  • 通常のヒアルロン酸より安定性の高い「スーパーヒアルロン酸*²」

※1 メセムブリアンテムムクリスタリヌム液汁(保湿成分):バラフ®は「株式会社農研堂」の登録商標です
※2 アセチルヒアルロン酸Na(保湿成分)

1本ですませたいけど、そこそこは保湿力が欲しい……

こういう男性にはうれしい化粧水だといえます。

しかし、「乾燥がひどい人」「冬場の寒いシーズン」ではやや心細いかもしれません。

バルクオムは乳液とあわせて使う「正統派」

バルクオムの化粧水「THE TONER」

バルクオムは、乳液とあわせて使うタイプの「一般的な化粧水」ですね。

2本使いなので手間はかかりますが、冬場でもしっかり乾燥からガードできます。

また乳液の方もベタつきは少ないため、メンズでも使いやすいです。

らいおん先輩
らいおん先輩
化粧水1本で使っちゃだめなのか?

乳液の役割は、うるおいを逃さないための大切な「フタ」です。

基本的にはなるべく2本で使ってあげたいですね。

ただし、

  • スキンケアを始めたばかり
  • オイリー肌で乾燥はあまり気にならない

こういう男性は、とりあえず化粧水1本ではじめてみてもOKです。

化粧水だけでも全く効果がないわけではありません

なにもつけないよりは、化粧水だけでもケアしてあげる方が絶対いいです。

 化粧水まとめ 

らいおん先輩
らいおん先輩
化粧水は、どっちもベタつかなくて使いやすかったな。
みすたー
みすたー
使用感だけじゃなくて、この後比較するポイントもあわせて考えたいね。

3.「アルコール成分」はバルクオムのみ配合

バルクオムとオルビスミスターの全成分表示

「アルコール(エタノール)」は、バルクオムだけに含まれます。

  • 洗顔料
  • 化粧水
  • 乳液

全ての製品に入っていますね。

逆にホロベルには、エタノールは一切含まれていません。

アルコールが肌に合わない人は、必然的にホロベルを選ぶことになります。

みすたー
みすたー
ただしアルコールは、悪者というわけではないよ。

ひきしめたり使用感をよくするので、メンズ化粧品にはよく使われています。

肌に合わない男性以外は、変にさける必要はないでしょう。

4.ホロベルは無香料・バルクオムは香りあり

ホロベルとバルクオムの香りを比較

ホロベルとバルクオムにおける香りの比較です。

ホロベルは「無香料」なので、ほとんど匂いはありません。

バルクオムの方には香料が含まれていて、以下のような感じです。

バルクオムの香り
  • ベースは青リンゴっぽい匂い
  • 洗顔料の匂いは個人的に「神レベル」でよい
  • 「化粧水」と「乳液」はやや強め、好みはわかれるかも

「化粧水」と「乳液」をセットで使うと、ちょっと匂いが残ります

学校や仕事につけて行く場合は、やや気になるポイントかもしれません。

香りは好みの部分が多いですが、ホロベルの方が無難に使いやすいかもですね。

5.「コスパ」はホロベルの方が高い

手に取るホロベルの洗顔料と、オールインワン化粧水

大切な「価格面」での比較です。

ホロベルは2ヶ月分なので、バルクオムよりコスパが高くなっています。

また保湿が1本ですむため、その点もホロベルの方がお金がかかりません。

ホロベルバルクオム
洗顔料2,200円
(2ヶ月分)
2,200円
(1ヶ月分)
化粧水3,850円
(2ヶ月分)
3,300円
(1ヶ月分)
乳液3,300円
(1ヶ月分)

※使用目安は公式の数値です

バルクオムは、乳液までセットで使うとなかなかお金がかかります。

「スキンケア初心者」や「お金を使えない学生」には、ちょっと続けるのが厳しいかもしれません。

らいおん先輩
らいおん先輩
全部揃えると、1ヶ月に1万円近くかかっちゃうもんな…
みすたー
みすたー
ただ、「洗顔だけ」とかポイントで取り入れてあげるのはありかもね。

6.「初回トライアル」はバルクオムが圧倒的にお得

公式サイト限定の「初回トライアル」は、バルクオムが圧倒的にお得です。

安く買うためのすごく大切なポイントなので、どちらもしっかりチェックしていきましょう♪

ホロベルの550円トライアルはやや微妙

ホロベルでは約2週間分のお試し商品が、「洗顔料」と「化粧水」で用意されています。

商品代金が「550円」ということで手は出しやすいですね。

ホロベルのトライアル
  1. 商品代金はそれぞれ「550円」
  2. 「送料」はかかる

トライアル終了時は定期コースへ移行。キャンセル料はなし。

通常商品の1/4と内容量が少ないので、割引的にはそこまで大きくありません。

ただ多少安くはなっていますし、ホロベルを初めて使う人にはおすすめできます。

トライアルの内容を確認する

 

「ホロベルの解約方法」については、以下の記事で詳しく解説しています。

1からわかるホロベルの解約方法

バルクオムのコースは最大「83%OFF」

バルクオムには2つのお得なセットコースがあります。

バルクオム2つのお得なコース

「2 STEP COURSE」

  • 初回「990円」
  • 洗顔料・化粧水・泡だてネット
  • 単品で買う場合の約83%OFF

 

「3 STEP COURSE」

  • 初回「2,480円」
  • 2ステップの内容に「乳液」と「詰め替えボトル」がプラス
  • 単品で買う場合の約74%OFF

※いつでも解約できるが、初回だけでの解約はキャンセル料が「3,000円」かかる

バルクオムの方は、「定期コースにおける初回大幅割引」といった感じですね。

単品で買った場合を考えると、もしキャンセル料を払ってもお得になっています。

初めてバルクオムを買う人は、活用しないともったいないでしょう。

公式サイトでチェックする

 

「解約方法」や「23日の全額返金保証」については以下の記事で解説しています。

バルクオムをお得にためしたい人は、購入前にチェックして不安な点を解消しておきましょう。

【1からわかる】バルクオムの解約方法とキャンセル料

BULK HOMMEのかんたん解約マニュアル
【これで安心】バルクオム990円定期コースのくわしい解約方法!キャンセル料なしで試そうバルクオム「初回990円(旧500円)定期コース」の解約方法について、わかりやすく解説しました。実際の手順やキャンセル料金を知って、不安を解消しておきましょう♪...

 

7.口コミ評価はどちらも高い

ホロベルとバルクオムの評判を比較

最後に口コミ評価における比較です。

 Amazonのグローバル評価

ホロベルバルクオム
洗顔料4.3
(240件)
4.3
(2,620件)
化粧水4.1
(330件)
4.4
(699件)
乳液4.4
(216件)

※2021年4月28日時点(星5つ中)

口コミ評価は、ホロベル・バルクオムともに非常に高いですね。

日本の製品なので怪しいレビューも少なく、ある程度は信頼できるかと思います。

やはりみんなの満足度が高いと不安も少ないですし、嬉しいポイントでしょう。

ホロベルとバルクオムがおすすめなのはこんな男性

ホロベルは「乾燥がひどくない」手軽にケアしたいメンズ向き

ホロベルのオールインワン化粧水と洗顔料

ホロベルがおすすめなのは、以下のような男性です。

  • 「肌の乾燥」はそこまでひどくない
  • アルコールが苦手
  • 香りはなくてもOK
  • 1本で手軽に保湿したい
  • スキンケアにそこそこお金を使える

オールインワンタイプのホロベルは、1本で手軽にケアしたい男性にぴったりでしょう。

\お得な定期便とトライアル/
公式サイトでチェックする

 

ホロベルについては、以下の記事でもくわしくレビューしています。

ホロベルの洗顔料と化粧水(オールインワンジェル)をレビュー
【2つのホロベルを徹底レビュー】おてがる潤いケアができる濃密洗顔とオールインワンホロベル(HOLO BELL)の「洗顔料とオールインワン化粧水」を、2つとも実際にためして徹底レビューしました。気になるみんなの口コミや評判も検証しています。...

バルクオムは「乾燥タイプ」でお金に余裕がある男性向き

バルクオムのスキンケア3点セット(洗顔料・化粧水・乳液)

「バルクオム」がおすすめなのは、以下のような男性です。

  • 「肌の乾燥」がかなり気になる
  • おしゃれなコスメが欲しい
  • アルコールは問題ない
  • 香りのある方が好き
  • スキンケアにしっかりお金を使える

保湿力が高くおしゃれなバルクオムは、スキンケア上級者やお金のあるメンズ向きでしょう。

\お得な2つの定期コース/
公式サイトでチェックする

 

バルクオムについても、以下の記事でさらにくわしく紹介しています。

バルクオムのスキンケア3点セット(洗顔料・化粧水・乳液)
【バルクオムを徹底レビュー】すご泡でもっちり肌へ!3つのスキンケアの効果とデメリットバルクオムの「洗顔料・化粧水・乳液」について詳しくレビューしました。20枚の画像付きでわかりやすく紹介しているので、どんな感じか気になっている人は参考になるはずです。身だしなみに気をつけたい大人の男性には、バルクオムは心強い味方になってくれますよ♪...

オイリー肌のメンズには「もう1つのスキンケア」がおすすめ

オルビスミスターの「洗顔料・化粧水・保湿液」3点セット

ホロベルもバルクオムも、どちらかというと「乾燥肌タイプの男性」に向いたアイテムです。

そのため、

  1. オイリー肌
  2. 「毛穴汚れ」や「ニキビ」が気になる
  3. もう少し安いアイテムを使いたい

上記のような男性にはオルビス ミスターをおすすめします。

オルビスミスターは「高い洗浄力」と「さっぱり保湿」が特徴で、ホロベルやバルクオムより価格も手頃です。

みすたー
みすたー
ぼくも今は、このオルビスミスターを継続して使ってるよ。

以下の記事でくわしく紹介しているので、肌悩みが合う人は参考にしてみてください。

 オルビスMr.のレビュー記事をチェックしてみる

オルビスMr. の口コミレビュー
【リニューアル】オルビスミスターの3商品をレビュー!お手頃ながら本格メンズスキンケア2021年3月にリニューアルした、オルビスのメンズライン「ミスター(Mr.)」のスキンケアに関する口コミレビューです。洗顔・化粧水・保湿液、お手頃ながら本格ケアができる、初心者にも頼もしいコスメは必見です♪...

 

ホロベルとバルクオムの比較ポイントまとめ

ホロベルとバルクオムの比較まとめ

以上、ホロベルとバルクオムについて6つの点から比較をしていきました。

 比較表

ホロベルの洗顔料「エッセンシャル保湿ウォッシュ」

ホロベル

バルクオムの洗顔料「THE FACE WASH」

バルクオム 

初回限定
セット
各550円990円
2,480円
洗顔料2,200円2,200円
化粧水3,850円3,300円
乳液3,300円
香りなしあり
アルコール
エタノール
含まない含む
返品不可*23日間
公式サイトホロベルバルクオム

※バルクオムの返品は初回限定セットのみ可能

どちらも優秀な商品ですが、違いはいくつもありますね。

100点満点のスキンケア用品はないので、悩み出すとキリがない部分もあります。

  • ホロベルには「トライアル」
  • バルクオムには「23日間の返品保証」

それぞれ用意されているので、「こっちかな?」と思ったものを気軽にためしてみるのが1番でしょう♪

みすたー
みすたー
やっぱり、使ってみないとわからない部分も多いんだ。

乾燥をはじめとした肌トラブルは、放置しておくと不潔なイメージも与えがち。

なるべく早くケアをして肌をととのえたいですね。

鏡を見るのが毎日楽しみになるように、あなたに合ったアイテムでばっちりスキンケアしていきましょう♪

\初回990円のセットコース/バルクオムをチェックする

ホロベルをチェックする