【男性レビュー】ハトムギ化粧水はメンズには微妙かも?5つの欠点とメリット

ハトムギ化粧水と乳液はメンズにはどう?

コスパの高いプチプラスキンケアとして、抜群の人気を誇る「ハトムギ化粧水」

『よく名前を聞くし、そんなに良いなら使ってみようかな。でも男の肌にはどうなの……?』

そんな風に興味を持っているスキンケア初心者の男性も多いですよね。

ハダミス

まず結論から言うと、ハトムギ化粧水は男性だと「合う・合わない」がわかれやすいアイテムです。

なほ

「スキンケアにかかる手間」や「成分面の特徴」は、たしかに人を選ぶかもしれませんね。

この記事では、スキンケアの資格も持つぼくが「ハトムギ化粧水 & 乳液」を男性に向けてくわしく紹介します。

記事を読めば、ハトムギ化粧水があなたに合うアイテムなのかがわかって正しいスキンケア選びができるようになるはずです。

後悔のない買い物をするために、ぜひいっしょにチェックしていきましょう♪

この記事を書いた人
ハダミスのプロフィールアイコン

ハダミス

年間30種以上の化粧品をためす「メンズコスメ」の専門家。スキンケアマイスター・美容薬学検定1級などの資格を持つ。プロフィール詳細

タップできるもくじ

ハトムギ化粧水は1種類ではないが「ナチュリエ」が有名

ナチュリエのハトムギ化粧水とハトムギ乳液

実は「ハトムギ化粧水」といっても、いろいろなメーカーが出していて種類がかなり多いです。

ハトムギ化粧水のメーカー

その中でも、2002年から発売されていて元祖ともいえる「ナチュリエ」のハトムギ化粧水と乳液。

ナチュリエのハトムギ化粧水とハトムギ乳液
「ナチュリエ」のハトムギ化粧水と乳液
なほ

ハトムギ化粧水といえば、大体これを思い浮かべる人が多いですね。

そして、男性向けに作られた「パエンナ」のメンズハトムギ化粧水

パエンナの「メンズハトムギ化粧水」
「パエンナ」から発売中のメンズハトムギ化粧水
ハダミス

「ハトムギ化粧水 メンズ」なんかで検索するとよく見かけるアイテムですね。

以上3つのアイテムを、今回は紹介していきます。

人気の高い「ナチュリエ」のハトムギ化粧水と乳液。「パエンナ」のメンズハトムギ化粧水の計3点を紹介

【レビュー】ハトムギ化粧水をスキンケアマニアの男性が使ってみた

ナチュリエのハトムギ化粧水

ハトムギ化粧水の基本情報

商品名ハトムギ化粧水
価格715円
容量500ml
ブランドナチュリエ
商品ページ公式サイト

まずは、「ナチュリエ」のハトムギ化粧水から。

使い方をザックリと見てから、デメリットメリットを解説します。

ハトムギ化粧水の使い方3ステップ

ハトムギ化粧水を手にもつ男性

ハトムギ化粧水の使い方は、基本的には以下の3ステップです。

STEP
手のひらに適量(500円玉サイズ)を出す
ハトムギ化粧水の使用目安量
STEP
顔全体になじませる × 3セット
ハトムギ化粧水を使う回数
STEP
肌になじんだら乳液をつける(10円玉サイズ)
ハトムギ乳液の使用目安量

「3回重ね付けをする」というのがポイントですね。

そのほかの使い方は一般的な化粧水と同じです。

なほ

そもそも、男性にも「乳液」は必要なんでしょうか?

ハダミス

男性でも、化粧水と乳液はなるべくセットで使うべきだよ。

乳液とは、油分で肌にうるおいを閉じ込める「フタ」のようなものです。

化粧水と乳液の役割の違い
化粧水と乳液の違い

そして化粧水には油分は(ほぼ)入っていません。

化粧水1本では水分が逃げるのを防ぎきれないので、乳液とセットで使う必要があるんですね。

ただし、化粧水だけでも効果が0というわけではありません。

  1. とりあえず1本ではじめてみる
  2. スキンケアに慣れて余裕ができたら乳液も使う

スキンケア初心者の男性は、上記のような流れで始めてみてもOKでしょう。

乳液の「必要性」や「使い方」については、別記事でくわしく紹介しています。

ハトムギ化粧水のデメリットは「ニキビ」と「手間」

ハトムギ化粧水のデメリット

すこし話がそれましたが、ハトムギ化粧水の男性における「デメリット」は5つです。

1.ニキビ予防はできない

ハトムギ化粧水の効果

ハトムギ化粧水には有効成分が入っていないため、ニキビ予防はできません

効果はあくまで「保湿」で、肌にうるおいをあたえてコンディションを整えるものになります。

ハダミス

高校生などのニキビ悩みが多い男子は、有効成分が入った専用のスキンケアを選ぶ方がいいでしょう。

ハトムギ化粧水のようにさっぱり使いたい人には「オルビスクリアフル」などがおすすめです。

有効成分の『グリチルリチン酸ジカリウム』を配合していて、くり返すニキビ肌荒れを防げます。

1,000円台で買えてコスパも良いので、学生でも負担にならずにスキンケアができるでしょう。

公式サイトでチェックする

ハトムギ化粧水でニキビ予防はできない

2.保湿面はそれなり

ハトムギ化粧水のテクスチャー

ハトムギ化粧水は水のように使える分、保湿面はそれなりかなと。

公式でも3回の重ね付けをおすすめしているくらいですからね。

なほ

ハトムギ化粧水1本で保湿ケアをすませるのはむずかしそうです。

乾燥肌でガッチリ保湿をしたいメンズにも、やや心細いスキンケアかもしれません。

さっぱり使える分、保湿面はそれなり。

3.重ねづけが正直めんどくさい

ハトムギ化粧水の重ね付け

ハトムギ化粧水の、使用面での1番のネックがこの重ねづけでしょう。

3回も重ねづけをしないといけないのは、めんどくさがりな男性にはストレスが大きいです。

この後の「乳液ケア」までかんがえると、スキンケア初心者はゾッとするのではないでしょうか。

ハダミス

しかも、ボトルがプッシュタイプではありません。

キャップを開けてから、逆さまにして何度も振って適量を出さないといけないんですね。

ハトムギ化粧水の注ぎ口
ハトムギ化粧水はポンプタイプではない

「3回重ねづけをしなければいけない」という手間との相性は最悪でしょう。

スキンケアに慣れているぼくでもめんどくさく感じるので、化粧水を初めて使う男性だと挫折してしまう可能性が高いと思います。

「3回の重ねづけ」と「容器の使いにくさ」は正直めんどくさい

4.アルコールが肌にあわない人は使えない

ハトムギ化粧水の成分(アルコール)

ハトムギ化粧水には「アルコール(エタノール)」が配合されています。

アルコールは悪者ではありません。さっぱり感を出すためなどによく使用されている成分です。

しかし肌にあわない人刺激に感じる人もいるので、相性の悪い人は使えません。

なほ

男性だと、自分が化粧品のアルコールが大丈夫かそもそも知らない人も多いですよね。

なんとなく不安だから、とりあえずアルコールは避けたいという人も多いでしょう。

ぼくはアルコールは問題なく使えますが、ぜひアルコールフリータイプも発売してほしいですね。

アルコールフリーのおすすめメンズ化粧水」は別記事で紹介しているので、アルコールを避けたい人は参考にしてみてください。

アルコール(エタノール)が配合されているので苦手な人は使えない

5.ネットで買うと損しやすい

Amazonのハトムギ化粧水販売ページ
Amazon 公式サイトより引用

ハトムギ化粧水の最後のデメリットがネットで買いづらい点です。

ナチュリエのハトムギ化粧水は「Amazon」や「楽天」では公式の取り扱いがありません。買おうとすると、送料がかかるのでやや割高になってしまうんですね。(もしくは2本セットなど)

ぼくはスキンケア用品はほぼネットで買うので、ちょっと残念なポイントでした。

ネットでも買えるが「送料」などでやや割高になる

¥658 (2022/08/13 08:01時点 | Amazon調べ)

ハトムギ化粧水のメリットは「サラッとした使用感」や」「コスパ」

ハトムギ化粧水のメリット

もちろんハトムギ化粧水にも良い点はあります。

ハトムギ化粧水の大きな「メリット」は以下の3つです。

1.コスパは抜群に良い

ハトムギ化粧水のコスパ

ハトムギ化粧水のコスパはやはり抜群です。

「500ml」と大容量なのに「715円」しかしません。

なほ

3回重ねづけすることを考えても、かなりおてごろにスキンケアができますね。

「お金がないからとにかく安く抑えたい」というメンズには頼もしいアイテムだと思います。

コスパの良さはやはり魅力的

2.ベタつきによるストレスがすくない

ハトムギ化粧水の使用感

「ベタベタしない使用感」もハトムギ化粧水の良い点です。

水のようにさらっとしたテクスチャーは、自然に肌になじんでいく感じで心地よいですね。

ナチュリエのハトムギ化粧水は男性用ではありません。しかし、「皮脂が多いメンズ」でもストレスなく使えるスキンケアでしょう。

さっぱりした使用感は男性向き

3.ドラッグストアなど市販のお店で買える

ハトムギ化粧水はドラッグストアで買える

ハトムギ化粧水は「ドラッグストア」でよく見かける商品ですね。

ネットでは割高になるためやや買いづらいですが、市販の実店舗で買いやすい点は人によっては大きなメリットでしょう。

ただ女性用の化粧品コーナーに置いてあることが多いため、ちょっぴり恥ずかしいと感じる男性もいるかもしれません。

ドラッグストアで買えることが多い

同ラインの「ハトムギ乳液」は男性にはベタつくかも

ナチュリエのハトムギ乳液

ハトムギ乳液の基本情報

商品名ハトムギ浸透乳液
価格825円
容量230ml
ブランドナチュリエ
商品ページ公式サイト

ナチュリエから発売されている「ハトムギ乳液」については、テカリベタつきが気になりました。

テクスチャーはさらっとしていて期待したのですが、ちょっと残念でしたね。

ただしコスパの良さはメリットですし、化粧水と違って「アルコールフリータイプ」となっています。

ハトムギ乳液の使用感(ややベタつく)
男性的にはベタつくかも。顔につけるとテカリも気になる

皮脂が多い男性には使いづらいですが、「女性」や「乾燥肌のメンズ」にはちょうど良いかもしれませんね。

オイリーな男性は、ハトムギ化粧水を使う場合でも別メーカーの乳液をあわせる方がおすすめです。

「ハトムギ乳液」はベタつきとテカリが気になる。皮脂悩みがない男性向け

男性におすすめな乳液は、「コスパが良くてさっぱり使えるメンズ乳液5選」で紹介しているので参考にしてみてください。

「メンズハトムギ化粧水」の違いは成分と使用感(パエンナ)

パエンナの「メンズハトムギ化粧水」

メンズハトムギ化粧水の基本情報

商品名メンズハトムギ化粧水
価格700円前後
容量500ml
ブランドパエンナ
商品ページAmazon

「パエンナ」というブランドから、『メンズハトムギ化粧水』というスキンケアが販売されています。

気になっている男性が多いようなので、こちらもあわせて見ていきましょう。

まず「パエンナのメンズハトムギ化粧水」と「ナチュリエのハトムギ化粧水」のおもな違いは以下の3つです。

メンズハトムギ化粧水の違い
  1. 香りがある(シトラス)
  2. 保湿成分の種類が多い
  3. ドラッグストアでの販売がすくない

超シンプル設計の「ナチュリエ」にくらべて、良くも悪くもいろいろ入っている印象ですね。

まず、メンズハトムギ化粧水には香料が入っています。(ナチュリエは無香料)

メンズハトムギ化粧水の匂いを嗅ぐ
メンズハトムギ化粧水には香りがある

匂いはシトラスやレモンっぽい柑橘系。そんなに強くないですし、個人的には爽やかで良い香りだと思います。

そして1番の違いは保湿面です。

メンズハトムギ化粧水には、「セラミド*1」や「コラーゲン*2」「ヒアルロン酸*3」といった多くの保湿成分が入っています。

メンズハトムギ化粧水のテクスチャー
たくさんの種類の保湿成分を配合

保湿成分的にはかなり充実している印象ですね。

ナチュリエのハトムギ化粧水のように重ね付けをする必要はないかと思います。

そして「使用感」はナチュリエと似ていて、ベタつきはなく男性好みのさっぱり系。

ベタベタしないテクスチャーで使用感は似ている

全体的にはかなり好印象な化粧水です。

価格もほぼ変わりませんし、男性が選ぶならこちらの「メンズハトムギ化粧水」の方が使いやすいように感じました。

なほ

ただし、こちらも有効成分は入ってないのでニキビ予防はできません。

ハダミス

またナチュリエと同じく「エタノール」が入っています。アルコールが肌にあわない人は避けましょう。

ちなみに、メンズハトムギ化粧水はドラッグストアでは見かけたことがありません。

残念ながら実店舗で買うのはむずかしそうですね。公式の出品はありませんが、「Amazon」や「楽天」では売っています。

送料はかかってしまいますが、合計で1,200円前後くらいなのでコスパは悪くないでしょう。

メンズハトムギ化粧水の違いは「保湿面」と「香り」。重ねづけは必要なく男性にはこっちがおすすめ。

もう1点だけ補足しておくと、パエンナでは同ラインの乳液は発売されていません

保湿成分は充実しているとはいえ、基本的には乳液は必要です。他メーカのものでOKなので、なるべくセットで使いましょう。

さっぱり使えるおすすめメンズ乳液5選

ハダミス

また、どうしても1本で使いたい人には「オールインワンタイプ」の化粧水もおすすめです。

乾燥の激しい秋冬は厳しいかもしれませんが、暖かい時期には活用しやすいスキンケアです。

コスパの高いおすすめメンズオールインワン」を紹介しているので参考にしてみてください。

※1 セラミドAG、セラミドAP、セラミドNG、セラミドNP、セラミドEOP(保湿成分)
※2 加水分解コラーゲン(保湿成分)
※3 ヒアルロン酸Na、加水分解ヒアルロン酸、アセチルヒアルロン酸Na(保湿成分)

肌悩みがすくない男性にはハトムギ化粧水はあり。乳液は別メーカーがおすすめ

ナチュリエのハトムギ化粧水・乳液とパエンナのメンズハトムギ化粧水

以上、男性に向けて「ハトムギ化粧水・乳液」について紹介しました。

長くなったのでポイントをまとめます。

ハトムギ化粧水まとめ
  • 人気メーカーは「ナチュリエ
  • ニキビ予防はできない
  • 3回の重ねづけと容器が正直めんどくさい
  • さっぱりした使用感とコスパは◎
  • 同ラインの「ハトムギ乳液」はベタつきとテカリが気になる
  • パエンナの「メンズハトムギ化粧水」は重ねづけ不要。乳液はなし
  • どちらの化粧水もアルコールは入っている

ハトムギ化粧水の特徴は「コスパの高さ」と「さっぱり感」です。

たしかに使用感はすぐれているので、その評判の良さにもうなずけますね。

ただ、「アルコールが合わない・ニキビ予防がしたい・めんどくさいのは苦手」という男性にはあまり向いていません。

なほ

「人気だから」という理由だけではなく、肌質や悩みにマッチした化粧水を選びたいですね。

ぜひあなたの肌に合った化粧水で、毎日がより素敵に輝くように肌を整えていきましょう♪

ハトムギ化粧水以外にも、「おすすめメンズ化粧水」や「おすすめメンズ乳液」を紹介しているので参考にしてみてください。

また、「メンズスキンケアの基本のやり方」についても紹介しています。

スキンケアの方法がよくわからなくて不安な初心者の男性はあわせてチェックしてみてください。

¥658 (2022/08/13 08:01時点 | Amazon調べ)
シェアしてくれてありがとう
  • URLをコピーしました!
タップできるもくじ