日焼けOKな男性も紫外線対策がマストなわけは「肌の老化」にあり

「紫外線対策」って男性はあまりしませんよね。

別に多少黒くなってもOKだし、せいぜい海に行った時に日焼け止めを塗るくらいで十分かな。

……なんてことを昔は僕も思っていました。

でも日焼けが気にならないメンズにも、紫外線対策が必須な理由があるんです。

もくじ

男性も紫外線対策がマストな理由は「肌の老化」

男性にも紫外線対策がマストな理由。

それは「光老化(ひかりろうか)」から肌を守るためです。

この光老化とは簡単にいうと「日光を浴びることで起こる肌の老化現象」ですね。

歳をとることで「肌が衰える・劣化していく」というのは、なんとなくみんな知ってると思います。

老化による肌トラブル
加齢によって起こると思われがちな肌トラブル

しかしこういった変化の多くは、なんと「日光を浴び続けること(紫外線を浴びること)」によって起きていたんです。

光老化の影響力とは

なほ

そうは言ってもなかなか実感がわきません……そんなにすごいんですか?

では光老化の肌に与える影響がどれほどのものか、少し見ていきましょう。

大手消費財メーカー「P&G」で開発に携わる、医学博士の「宮本久喜三」先生が発表した興味深い研究データがあります。

年間の日光量が約1.5倍違うと言われる、

  1. 秋田市
  2. 鹿児島市

この2つの地域に住む女性を対象に調査したところ、45歳以上の人のシミ・シワについてはなんと「約10歳もの違い」を確認したということです。

そして、その違いをシミュレーションした画像がこちらになります。

光老化による肌のシミュレーション結果
「長期皮膚老化調査から得られた皮膚の光老化の特徴および老化防御対策において」より引用

こうして見ると目のまわりのシワや全体的なシミがかなり違いますよね。肌の色もくすんでいます。

しかもこのデータは農業など特別な屋外活動をしない人を対象に行われたものです。

つまり「外で仕事をする人」や「積極的にアウトドアを楽しむ人」では、さらに肌の年齢差は広がるということになります。

光老化の怖さを、少しリアルに感じてもらえたのではないでしょうか?

シワやシミは1度できるとすごく大変

シワやシミって出来てしまうとかなり厄介です。

小さいものなら化粧品で改善されることもありますが、大きいものでは

  1. レーザー
  2. 注射

こういった治療が必要になり、お金時間も相当掛かってしまいます。

そもそも治療をすること自体に抵抗を覚える男性も多いでしょう。しかも男性は化粧をあまりしないので、ごまかすことも女性に比べて難しいですよね。

だから数年後に鏡を見ながら後悔しないために、日焼けを気にしないメンズも紫外線対策は行うべきだと言えます

男性向け「紫外線対策のおすすめ方法」

男性の紫外線対策はやはり「日焼け止め(サンスクリーン剤)」が1番でしょう。

まずUVカットの効果が非常に高いです。そして最近では「化粧水」や「乳液」と一緒になったものもあるので、塗る手間も少なくてすみます

それに対して「帽子」や「日傘」といったアイテムは効果が限定的です。

実は紫外線というのは直射日光だけでなく、

  1. 地面から反射した光(反射光)
  2. 空気中の分子や粒子で方向が変わった光(散乱光)

こういったものにも含まれています。

直射日光と反射光のイメージ図
出典:気象庁HP「地表面の反射と紫外線」

紫外線は「ストレート」だけでなく「変化球」でも僕たちの肌を脅かすわけですね。

だから下や横から向かってくる紫外線は、帽子や日傘だけではガードできません。

その点を考えても、やはり日やけ止めを塗ることが1番効果的だといえるでしょう

紫外線対策はいつからすべき?

できれば紫外線対策は「1年中する」に越したことはありません。

まず見て欲しいのが下のグラフです。気象庁の解析した、東京における年間の「UVインデックス」の推移になります。

※UVインデックス:紫外線の影響を数値化したワールド基準の指標

東京における1年間のUVインデックス
出典:気象庁HP「日最大UVインデックス(解析値)の月別累計平均値グラフ」

グラフを見ると、3月〜10月は全て「3.0(中程度)」以上なのが分かります。

意外と夏以外もけっこう高いんですよね、冬場もゼロではありません。そして環境省によれば「3.0以上」では帽子や日焼け止めなどの、紫外線対策を推奨しています

なほ

でも、1年中日焼け止めをぬるのは大変です……

みすたー

たしかに、これまで真夏すら塗ってなかった男性ばかりだからね。

正直気持ちはメチャクチャわかりますw

だからそんな男性向けに、もう少し簡単にできる紫外線対策の目安を作ってみました。

季節ごとの紫外線対策
  1. 5月〜8月は必ず紫外線対策をする
  2. 春・秋は「雨の日以外」は対策
  3. 冬は晴れの日だけ対策

「外に出る機会が多い人」「南の暖かい地域に住む人」は特に積極的に!

どうでしょうか、これくらいならなんとか出来そうな気がしませんか?

目安を作った基準としては、

  • 快晴 「約100%」
  • 曇り 「約60%」
  • 雨  「約30%」

このように、紫外線量が天気によって変化することを考慮しました。

一年中紫外線対策をするのが難しそうなメンズは、ぜひこちらを目安にがんばってみてください♪

男性の紫外線対策の必要性まとめ

以上、「男性も紫外線対策がマストな理由」について解説していきました。

男性の紫外線対策まとめ
  • 紫外線対策はシワやシミを防ぐためにも超重要!
  • サンスクリーン剤(日焼け止め)がおすすめ
  • 夏以外も状況に応じてUV対策をしよう♪

紫外線による肌の老化って、かなり影響力があって怖いものです。

若いときはイメージしづらいですが、油断してるとあっという間にそれは近づいてきます。

僕も30代に突入したくらいから、自分の「ほうれい線」や「目元の笑いジワ」なんかを意識する機会が増えました。

しかし裏を返せば、光老化は影響も強い分対策をすれば効果もそれだけ出るということ。

何年後かに自分の顔を見て愕然としないために、いまからできるUVケアをしっかり実践していきましょう♪

メンズ日焼け止めおすすめランキング7選

シェアありがとうございます
もくじ
閉じる