やればグッと差がつく!冬のスキンケアで男性がおさえるべき7つのポイント

冬本番 ーーー

カサつきやかゆみなど、男性も肌トラブルに悩みやすい季節です。

毎年気になってはいるものの、十分なスキンケアができていないメンズも多いのではないでしょうか。

そこで今回は、ウインターシーズンに特に押さえたい「7つの肌ケアポイント」を紹介します。

みすたー

もう遅くなったし来年から……

なんて先延ばしにしていると、肌がボロボロになって不潔なイメージを与えてしまうかも。

ぜひ今日からばっちり対策して、清潔感のある肌で「できる男」を演出しましょう♪

もくじ

冬の肌対策!スキンケアでメンズがおさえるべきポイント7つ

1.冬もお湯や水ではなく「ぬるま湯洗顔」がベスト

32℃を指す水温計と洗面器に入った水

洗顔時のベストな温度は「32度くらいのぬるま湯」です。

これは冬だけでなくオールシーズン同じですね。

  1. 寒いから温かいお湯で洗いたい
  2. 冷水で引きしめた方が肌に良さそう!

気持ちはわかりますが、実は肌にはどちらもマイナスになってしまいます。

ディセンシアによる洗顔温度の研究データ
ディセンシア「冬の肌と洗顔に関する調査」より引用
なほ

これってどういうことでしょう?

みすたー

温度が高いと乾燥しやすいし、低すぎると汚れが落ちないってことだよ。

手でさわったときに、

「ストレスではないけど、ちょっと冷たいかな……」

そう感じるくらいのぬるま湯がベストです。

細かい温度設定のコツなどは以下の記事で解説しています。

何度がベスト? 洗顔は32℃のぬるま湯で♪

2.当たり前だがメンズも化粧水はつけるべし

化粧水はマストアイテム

基本中の基本ですが化粧水は必ずつけましょう

男性の肌は、ただでさえ水分量が少ないです。

皮脂量が多いので潤ってると勘違いしがちですが、実際には水分不足なケースがほとんど。

男女における肌水分量の違いを表す棒グラフ
「ポーラ化成の研究データ」を参考に作成したイメージグラフ
なほ

女性の「約1/3」しか水分がないんですね…

くわえて寒い時期は湿度が低くなるため、余計にカサついてしまいます。

暖房器具なんかも影響しますし、冬は外でも室内でも乾燥の脅威にさらされているわけですね。

最低でも「朝と晩の2回」は化粧水をつかって、

  1. 水分
  2. 保湿成分

この2つを肌に補給してあげてください。

「上手な化粧水の選び方」や「おすすめアイテム」は、以下の記事で知ることができます。

おすすめメンズ化粧水ベスト3! 失敗しない選び方もスキンケアマイスターが解説

3.秋冬はオールインワンだと心細いので乳液も使おう

オールインワンの意味

メンズには人気が高いオールインワンジェル。

1本で済むのでケアも楽ですし、お財布的にも助かりますよね。

しかし乾燥のひどい冬場は、オールインワンジェルでは保湿力不足になりがちです。

月ごとの平均湿度を表したグラフ
参考:「気象庁ホームページ」
なほ

12月〜4月はかなり湿度が低いんですね。

  • 口まわりや目元がカサつく
  • 鏡を見ると粉を吹いている

そういう肌トラブルも起きやすくなります。

「秋の終わり〜春先」までは、化粧水と乳液の二段構えでしっかり保湿して乗り切りましょう。

化粧水やオールインワンジェル1本ですませるより、乾燥からがっちり肌をガードしてくれますよ。

みすたー

ちなみに、乳液は「肌にフタ」をしてうるおいを逃さないためのものだよ♪

「失敗しない乳液の選び方」や「おすすめ商品」については、以下の記事を参考にしてみてください。

メンズ乳液おすすめベスト3:ベタつかないので初心者でも使いやすい♪

4.リップクリームも唇の大切なスキンケア

意外と大きい「唇の印象」

リップクリーム塗ってますか?

ついスルーしがちな唇のケアですが、男性が思っている以上にイメージを左右します。

以下の画像は「唇の荒れ以外全く同じ男性」の写真をならべて、印象を聞いたアンケート結果です。

みすたー

回答したのは20代〜40代の男女890人だよ。

男性の唇荒れに対するアンケート結果
ALL About「唇の状態と見た目の印象に関する調査」より引用

唇の違いだけで、「不健康そうに見える」と答えた人が4割弱もいたんですね。

なほ

その後も「疲れて見える」「老けてる」ということで、印象がとても悪いんですね。

「面倒くさいし、まあいっか」なんて思いがちな唇のケア。

しかしスキンケアの一環として、冬場だけでもリップクリームは携帯してこまめに塗り直したいものです。

5.もう1つ盲点な手のスキンケアも

ハンドクリームで清潔感を演出

くちびるの話をしたので、「忘れがちな手のスキンケア」についても。

冬場はやはり乾燥によって、

  • 手の甲がカサつく
  • 手のひらや指がひび割れる

このような手の肌トラブルも多くなります。

みすたー

今年はたくさん手を洗ったり、消毒するから余計にそうだよね。

下の画像は、ちょうど僕が手荒れしていた時のものです。

乾燥した手の甲の比較画像
(左手)肌荒れが少なくクリームをつけている (右手)肌荒れがひどくクリームもなしの状態

右手はおじいちゃんみたいですよね。

カサついてるしなんだか亀の手みたいで、我ながら気持ち悪いです。

一方、手荒れも少なくクリームでケアしている左手はやはり健康的に見えます。

ちなみにウェザーニュースのアンケート結果によると、「リップクリームもハンドクリームも使っている」という男性は11%だけでした。

逆にいえばこの2つを使うだけで、他の男性に大きく清潔感で差をつけられるわけですね。

ちょっとの手間と投資で、効率よくリードを奪っちゃいましょう♪

なほ

清潔感があると「できる男」って感じもしますしね。

みすたー

使うのは安いもので全然OKだよ♪

6.皮脂の多いメンズは冬でもテカリがちなので要チェック

おでこや鼻は特にテカる

男性は冬でも意外とテカってしまうんですよね。

そもそもの皮脂量が多い男性。

男女における皮脂量差のグラフ
「ポーラ化成の研究データ」を参考に作成したイメージグラフ
なほ

水分量は1/3だったのに、皮脂量は女性の3倍もあるんですね。

なかでも特に皮脂量の多い「鼻やおでこ」は、寒い時期でもベタつき&テカリがちです。

「なんで冬なのにテカってるんだ…?」

そう感じた経験がある男性は、乾燥だけでなくテカリ対策も意識しておきましょう。

関連記事 男の顔のテカリはなぜ? 7つの原因と抑えるための対策超まとめ

7.今年は特に気をつけたい「マスクの肌荒れ」

今冬はマスク荒れも深刻

ラストは「マスクによる肌荒れ」です。

冬場はマスクをつける機会が多くなりますが、今年はコロナの影響もありほぼ毎日かと。

肌トラブルの原因となってしまうので、マスク荒れの対策を頭に入れておきましょう♪

マスク荒れの原因と対策

蒸れて雑菌が繁殖

  • ニキビや肌荒れの原因に
  • 感染リスクのない場所では外す
  • マスク内の汗をハンカチで拭く

内外の温度差が大きい

  • 外した瞬間にひどく乾燥
  • 休み時間に化粧水&乳液で保湿

ヒモや繊維があたってこすれる

  • かゆみや肌へのダメージに
  • 両手で優しく外す
  • サイズの合ったものを選ぶ
みすたー

ちょっとした心がけで、どれも防げるものだよ♪

冬のメンズスキンケアでおさえるべき7つのポイントまとめ

冬のメンズスキンケアまとめ

以上、「冬のメンズスキンケアでおさえるべきポイント」のご紹介でした。

7つのポイントまとめ
  1. 洗顔はぬるま湯で
  2. メンズも化粧水はマスト
  3. 「秋の終わり〜春先」は乳液との2本使いで
  4. リップクリームで唇のスキンケア
  5. ハンドクリームで手のスキンケア
  6. 皮脂が多いメンズは冬場もテカリ対策を
  7. 今年はマスクと上手に付き合おう

見て見ぬ振りでスキンケアを怠ると、肌トラブルにつながり不潔な印象を与えてしまいます。

これは「仕事」でも「異性との関係」でも大きくマイナスですよね。

ケアを始めるのはまだまだ遅くありません。

ぜひ今回紹介したポイントをクリアして、清潔感のある「できるメンズ」を演出していきましょう♪

なほ

まずは、最重要ともいえる「保湿」の見直しからレッツトライです♪

シェアありがとうございます
もくじ
閉じる